俳句愛好会

第3回 6月句会

第3回 6月の季題:
梅雨 紫陽花
場 所レオパレス博多
日 時2016年6月30日16:00〜19:00
参加者数7名
選考作品数21作品
次回予定
7月28日(木)16:30〜
季題:花火 百合
備考:次回は、27日予定でしたが28日に変更しました。
句会後に食事会します。
俳句歳時記を持ってる人は持って来てください。
今月初参加の野口さんが特選でした。90歳の野口さんは俳句歴がメンバーの中で一番長い方ですから当然ですがいきなり特選を持っていかれました。野口さんから季重ねやかな使いについて教えてもらいました。少しずつ勉強しましょう。次回は歳時記を持って来ましょうと言われましたが皆は重たいからねえと言っていました。今月は誕生日の方が3名(90歳、82歳、??歳)いましたから白澤さんが赤い風船のケーキを買って来てくれてお祝いしました。野口さんが大変喜んでケーキは持って帰り奥様と一緒に食べるとのことでした。また志垣さんがご自宅の庭に咲いてる紫陽花で花束を3人分作ってくれました。中野さんは高級材料での手作りキャラメルを持ってきてくれて皆に配りました。皆さんありがとうございました。来月の季語は花火と百合です。特選の野口さんと準特選の白澤さんが選びました。
特選句
紫陽花の 彩(いろ)また変はる 昨夜(よべ)の雨  野口
(紫陽花の特徴をそのまま句にしたそうです)
準特選句
すだれごし あじさい濡れる 苔の庭   白澤
(実家の隠居の庭を思い句にしました)
その他の句

瀬の音を やみに聞きつつ 蛍舞う    中野

(曲淵の水の音を聞きながら蛍を見物したそうです)

面会に 庭の紫陽花 幾年か       加藤

梅雨空に 就活群れの 傘が行く     紫垣

(孫が気になるようです)

露あつめ あじさいの径 傘ふたつ    白澤

開けたくも 閉めたくもあり 梅雨の窓  加藤

後もどり 出来ぬ病や 梅雨の天(そら) 中野

紫陽花の 七色変化 暑さ呼ぶ      牟田

震災に 追打ちかける 暴れ梅雨     野口

あじさいは 濡れたたかれの 立ち姿   紫垣

街路樹の みどり鮮やか 梅雨景色    幡鉾

人嘆き あぢさゐ喜色 今朝の雨     野口

大観と 名園にひたり 送り梅雨     加藤

(同窓会で句会前日の29日に足立美術館に行きました)

あじさいの 色香に映へる 蝶の舞    幡鉾

水無月の 空をあつめて よひら咲く   白澤

外は梅雨 忘れて競う エアドーム    牟田

夢に病み 又夢追いし 黒南風や     中野

(切羽詰まった気持ちを句にしました)

被災地に 追い打ちかける 梅雨の空   幡鉾

梅雨空と 闘い目指す 甲子園      牟田

就活に 梅雨はいやだと 京の孫     紫垣

  • 紫垣さんの手作り紫陽花花束です。紫垣さんの手作り紫陽花花束です。
  • 句会後の食事会も盛り上がりました。句会後の食事会も盛り上がりました。
  • 俳句のことを語りあっています。俳句のことを語りあっています。
  • 私、幡鉾は今月82歳になりました。私、幡鉾は今月82歳になりました。
  • 私、野口はまだまだ90歳です。私、野口はまだまだ90歳です。
  • 大先輩から見ればまだ若輩。大先輩から見ればまだ若輩。

一覧へ戻る