俳句愛好会

2017年11月29日第20回/11月句会

もっと詳しく

第20回/11月の季題:
炬燵 木枯らし
参加者
7名 21作品
特選句
木枯しやきりきり舞ひて天地掃く    幡鉾

読みさしの本と眼鏡や置炬燵      野口
準特選句
足触れて押せば押される炬燵かな    加藤

参加者全員の作品を見る

2017年10月31日第19回10月句会

もっと詳しく

第19回10月の季題:
霧  紅葉
参加者
7名 21作品
特選句
朝霧に巣立つ若者夢追ひて   幡鉾 

霧の海ブイの音沁みる港宿   加藤 
準特選句
指呼の間の島の灯薄き夜霧かな 野口
 
湯煙か霧か見惑う阿蘇の朝   牟田
 
虫喰ひの紅葉挿みし時刻表   加藤 

参加者全員の作品を見る

2017年9月20日第18回 9月句会

もっと詳しく

第18回 9月の季題:
月 秋彼岸  桐一葉
参加者
7名 21作品
特選句
吾子残し兄は彼岸の人となり     白澤由美子 
準特選句
桐一葉我を気遣い舞い降りる     加藤武  

十六夜の月に見とるゝ宴あと     牟田勝則  

参加者全員の作品を見る

2017年8月22日第17回 8月句会

もっと詳しく

第17回 8月の季題:
迎え火  秋の雲
参加者
6名 21作品
特選句
末弟の我が一人や門火焚く       野口 
準特選句
迎え火や戸口解るも名札なし      加藤 

参加者全員の作品を見る

2017年7月18日第16回 7月句会

もっと詳しく

第16回 7月の季題:
吟行
参加者
6名 12作品
特選句
ほど近く里富士もあり青田風    野口

烏帽子見え産土の陰夏の海     白澤
準特選句
同胞と憩いし庭に蝉時雨      白澤

梅雨晴れ間句敵集ふ友の別邸    野口

参加者全員の作品を見る

2017年6月28日第15回 6月句会

もっと詳しく

第15回 6月の季題:
早乙女  麦秋
参加者
7名 21作品
特選句
麦秋を背に仁王立ち祖父の影    白澤
準特選句
早乙女の声羨まし牛蛙       加藤

参加者全員の作品を見る

2017年5月30日(火)第14回 5月句会

もっと詳しく

第14回 5月の季題:
松の芯  ひばり
参加者
7名 21作品
特選句
潮騒を聴きて伸びるたる松の芯   白澤
準特選句
天空へ大志を競ふ松の芯      野口

松の芯見上げて老いも背を伸ばす  紫垣
(鉢植えの松が今では見上げるほどに)
舞い上がり巣立ち促す揚雲雀    加藤

参加者全員の作品を見る

2017年4月26日第13回 4月句会

もっと詳しく

第13回 4月の季題:
おぼろ  わかめ
参加者
7名 21作品
特選句
海女の手に丈より長き若布かな   野口
準特選句
朧夜や影無き後ろ振り返る     紫垣
(食後に一人で散歩した時の様子だそうです。)

参加者全員の作品を見る

2017年3月29日第12回 3月句会

もっと詳しく

第12回 3月の季題:
春めく  桜
参加者
6名 18作品
特選句
花のごと散ると決めたり兵の頃  野口  
準特選句
今平和歴史を語る城桜      牟田 
 
杯に落つ桜一片呑みほして    白澤  

参加者全員の作品を見る

2017年2月28日第11回 2月句会

もっと詳しく

第11回 2月の季題:
冴え返る  椿
参加者
6名 18作品
特選句
一切の未練断ち切り椿落つ    野口  

冴え返る始発電車の椅子優し   加藤 
準特選句
椿落つ身近に聞こゆ八十路かな  幡鉾  
(落ちた椿をみて身辺整理を心がける80歳代です)
冴え返るまほろばの壱岐波高く  白澤  
(サンセット通りから壱岐の島影が見えて帰りたい)

参加者全員の作品を見る

2017年1月31日第10回 1月句会

もっと詳しく

第10回 1月の季題:
初日の出、福寿草
参加者
7名 21作品
特選句
山宿にせせらぎの音福寿草      白澤
(黒川温泉でのことを句にしました)
準特選句
名苑の脇役しかと福寿草       野口
(箱崎八幡さんの庭園で福寿草が脇役に見えました)

参加者全員の作品を見る

2016年12月13日(火)第9回 12月句会

もっと詳しく

第9回 12月の季題:
冬ざれ  寒牡丹
参加者
7名 21作品
特選句
冬ざれにせめて着映れの色選ぶ   紫垣 
(周りがさびれていく中せめて着物くらいは色目の濃いのを着たい)
冬ざるる浮桟橋に定期船      加藤  
(潮風で錆びた浮桟橋に高速船が定刻に)
準特選句
耐えること多きこの世に寒ボタン  中野 
(これまで耐えること多かった、寒牡丹も耐えている) 
冬ざれの水面に寄り添う白き鳥   白澤 
(久山CCの池の中に鳥が2羽) 
宮の杜群抜く色気寒牡丹      牟田  

参加者全員の作品を見る

2016年11月18日(金)第8回 11月句会

もっと詳しく

第8回 11月の季題:
冬の星  鴨
参加者
6名 18作品
特選句
零(こぼ)るれば手に受け止めん冬の星         野口    
(冬の星は手に受け止めるくらいいっぱいあります)
準特選句
冬の星輝く瞳夢いずこ             幡鉾
(夢や空想を働かせながら星空を眺めました)

参加者全員の作品を見る

2016年10月26日第7回 10月句会

もっと詳しく

第7回 10月の季題:
祭り 木犀
参加者
7名 21作品
特選句
急ぐとも暫し止まれと金木犀     加藤    
(立ち止まって金木犀の香りを楽しむ余裕をもちましょう)
準特選句
里神楽あとつぎ育つまつりかな    野口
(規模の小さい神楽は後継者がいないのです。郷里を思って作りました)

参加者全員の作品を見る

2016年9月28日第6回 9月句会

もっと詳しく

第6回 9月の季題:
柿 新涼
参加者
6名 18作品
特選句
干し柿の匂い漂う祖母の家      石橋MK 
準特選句
旧友へ柿一箱の無沙汰便       牟田  
(朝倉へ柿狩りに行った時友人に柿を送ったら喜ばれたそうです)

参加者全員の作品を見る

2016年8月30日第5回 8月句会

もっと詳しく

第5回 8月の季題:
朝顔 いわし雲
参加者
6名 18作品
特選句
朝顔の 一朝一会の はかなさよ      紫垣  
(朝顔は朝咲いたらもう翌日は咲かない)
準特選句
飛行機に 網懸らぬか 鰯雲        野口  
(鰯雲に網が仕掛けてあるのに飛行機が通って行った)

参加者全員の作品を見る

2016年7月28日 第4回 7月句会

もっと詳しく

第4回 7月の季題:
花火  百合
参加者
6名 投句1名 19作品
特選句
装ひし 乙女の目立つ 花火の日     野口
(街で女の子の浴衣姿を見れば今日は花火大会かと思いました)
にぎやかに 花火囲んで 三世代     紫垣
(夏休みに孫たちが来ていたころが懐かしい、今は大学生だから)
揚げ花火 負けじとはしゃぐ 着物かな  幡鉾
(着物を着た子供達が花火みてはしゃいでいました)
儚さは 夢よりもなほ 遠花火      野口
(花火は華やかだけど儚いです、夢も目が覚めれば消えてるし)
準特選句
白百合は 私がクィーン 凛と咲く    幡鉾
(白百合は百合の中の百合と思うのでこうなりました)
白百合を 千々に乱れる 胸に抱く    白澤
(叶わなかったことを思いながら百合の花束を胸に)

参加者全員の作品を見る

2016年6月30日第3回 6月句会

もっと詳しく

第3回 6月の季題:
梅雨 紫陽花
参加者
7名 21作品
特選句
紫陽花の 彩(いろ)また変はる 昨夜(よべ)の雨  野口
(紫陽花の特徴をそのまま句にしたそうです)
準特選句
すだれごし あじさい濡れる 苔の庭   白澤
(実家の隠居の庭を思い句にしました)

参加者全員の作品を見る

2016年5月31日(火)第2回 5月句会

もっと詳しく

第2回 5月の季題:
母の日 新茶
参加者
5名 他に投句2名 18作品
特選句
一握り 新茶届きし 海越えて   加藤
準特選句
香り立つ 緑葉色の 碗にキス   紫垣
子の遺骨 抱きて祖国へ 母の愛  幡鉾

参加者全員の作品を見る

2016年4月20日(水)第1回 4月句会

もっと詳しく

第1回 4月の季題:
桜 春雨
参加者
5名 15作品
特選句
春雨の 恵みも知らず ハウス菜は 牟田 
葉桜に 余韻楽しむ 宴かな     幡鉾
準特選句
老木に 桜一輪 意地を見し    加藤

参加者全員の作品を見る